ドットマンダラ(点描曼荼羅) ワークショップ

※ 現在、自宅レッスンをお休みしております。出張は要相談。宜しくお願いします。

ドットマンダラ(点描曼荼羅)のワークショップを行います。

ご自宅に帰られてから、すぐにマンダラを描けるお道具付き(紙、ペン、コンパス)。
下絵の描き方3種類をお伝えし、そのうち2種類のドットマンダラを仕上げます。

ご自身で曼荼羅を描いて楽しみたい方、受講後に講座を開講したい方、作品を販売したい方も歓迎いたします。

※ ドットマンダラオンラインレッスンと同じ下絵の描き方をお伝えするワークショップです。

ドットマンダラのワークショップ概要

<所要時間> 3時間×2回 または 6時間×1回

<費用> 5,000円×2回 6時間×1回の場合は9,500円
(みずほ銀行に振込またはAmazonのEメールタイプのギフト券にてお支払い) 
※お持ち帰りのお道具代、1回につき、お茶と自由が丘界隈のお店のお菓子付き
(現在モニター価格です)

<場所> 講師自宅 (自由が丘より15分) ※ご希望によりご自宅またはご用意いただいた会場へも伺いますのでご相談ください

<定員> 1名様から3名様まで 

ドットマンダラのワークショップの内容

<1回目>
マンダラについて
ペンの説明

紙の説明

点描の練習
下絵その1のマンダラ(12㎝角)を描く

<2回目>

下絵その2のマンダラ(15㎝角)を描く
下絵その3のマンダラの下絵の描き方

ドットマンダラワークショップの作品見本

<下絵その1のマンダラ(12cm角)>

コンバスと定規を使って下絵を描きます。
ドットで仕上げます。

<下絵のその2のマンダラ(15cm角)>

コンパスと分度器と定規を使って下絵を描きます。
点描や線描、お好きな描き方でマンダラを仕上げます。

<下絵その3のマンダラ(15cm角)>

こちらは下絵その2のアレンジです。
描き方をお伝えし、下絵を描きます。
仕上げはご自宅にて行っていただきます。

用意する道具

すべての材料、道具は費用に含まれております。
手ぶらでお越しください。

ご自宅に帰られてからすぐに描けるように、紙、ペン、コンパスをお持ち帰りいただきます。
※お手元用の眼鏡が必要な方は必ず眼鏡をご用意ください。

ドットマンダラワークショップ終了後

このレッスンを終了した後、ワークショップや講座を開いたり作品を販売することなどについての制約はありません。
是非、楽しいマンダラライフを過ごしてくださいね。

ドットマンダラワークショップ 予約可能日

”ワークショップ”の日をお選び下さい。
(そのほかの日はご相談ください)

材料の準備の都合上、申込期限の目安として、
銀行振り込みの場合は1週間後
アマゾンギフトカードの場合は3日後以降

時間は9時30分以降に開始、17時までに終了(休憩を1時間含む)するように開始時間をご指定ください。

お申込みメールフォームはこちら

シェアする

フォローする